省エネの観点から携わった店舗内装

ショーケースは入口からすぐ見える場所に置きサッカー台の数も2倍に増やした

仕事でスーパーの店舗内装に関わった経験があります | ショーケースは入口からすぐ見える場所に置きサッカー台の数も2倍に増やした | 省エネだけでなく太陽光パネルによる創エネなども意識しなければならない

そのため、入口に近すぎるエリアに置くと、温かい外気の影響で過剰に電気代がかかってしまいます。
サッカー台に関しては、あまり増やしすぎると売り場が狭くなるという問題もあるのです。
とりあえず、この2点を念頭において、最初の案を作成してみました。
会議でそれを披露したところ、他の技術者からは賛同の声を多くもらえたので良かったです。
しかし、スーパーのスタッフからは、現実的ではないという厳しい意見が寄せられました。
ショーケースがあまり入口から離れると、面倒なスーパーという印象を与えるというのです。
飲み物だけを買おうとして入店したお客さんは、奥まで行かないと買えないことが分かると、もう来てくれない可能性があります。
サッカー台に関しても配置する数が少ないと、精算が終わってからカゴを持って待たなければなりません。
たくさん買い物してくれたお客さんや高齢者には、とても大きな負担になってしまう恐れがあります。
どちらの意見も納得できるものだったので、それを踏まえて第二案の作成に取り掛かりました。
かなり悩みましたが、ショーケースは入口からすぐ見える場所に置き、サッカー台の数も2倍に増やしたのです。
その結果、次の会議でスーパーのスタッフにも合格点をもらえました。